メニュー

ご挨拶

地域の皆さんを力強く照らす一筋の光となるように

私はここ江北地区において30年以上もの長きにわたって内科医・小児科医・地域のかかりつけ医として皆さんの健康を見守り、お支えしてまいりました。ありがたいことに地元の皆さんからは「先生に診てもらいたい」という声をいただくことが多く、その言葉を原動力に今日まで尽力してまいりました。中には親子3世代にもわたってお通いいただく患者さんもいらっしゃるほどで、医師冥利に尽きるやりがいに溢れた日々を送っております。
クリニック名にもある「おひさま」という言葉は、私の姓の「朝日」をモチーフに名付けられたものです。愛すべき地域の皆さんのために、おひさまのようなあたたかな気持ちでお一人お一人を包み込み、不安なお気持ちを少しでも早くやわらげることのできる一筋の光となれたらという思いで、このたび新たにクリニックを開業いたしました。

「真に人を診る」という診療スタイルにこだわり続けて―

私は内科領域に軸足を置きながらも、長年さまざまな科にてオールマイティに経験を積んでまいりました。そこで培われた総合的な観点による分析・診断が私の強みでもあります。しかしそれ以上に大切にしていることは、患者さんの思いに深く耳を傾けるということです。お悩みは人により千差万別です。患者さんの言葉の中にある思いを丁寧にすくい上げ、不安なお気持ちには家族のような思いで親身に寄り添うことが何よりも求められていることだと感じています。加えてさまざまな疾患の可能性を多角的に探り、その方ならではの特性や少し先の将来までをも見据えたきめ細やかなアプローチを図ること、その方にとっての最善を常に考え続けることこそが、真に「人を診る」ということに他なりません。さらなる個別性の高い医療を実現するためにも、患者さんお一人お一人としっかりと手を携え、一歩ずつ確かな歩みを進めるその先までを常に考え続けた診療をモットーといたしております。

患者さんとの確かな信頼関係の中にこそ早期の異変に気づくための礎がある

不安な面持ちでお越しになられた患者さんが、徐々に本来の明るい笑顔を取り戻されていく瞬間は何にも勝る喜びです。患者さんとの日々の信頼関係の中にこそ、早期に異変に気づくための礎があります。検査データを読み解くだけでなく、その方の目を見て顔色を見て、手の色など患者さんの体に直接触れることでわかることがあります。正確な診断を行う第一歩はいつもそこにあります。ご自身では些細に感じた症状が、実は大きな病気のサインであることも実際の診療現場ではよくあることです。当院では必要に応じて近隣の各種専門医療機関と密に連携を図っております。迅速に適切な治療を受けられる体制作りを整えることも、当院が果たすべき重要な使命と感じております。

晴れやかな思いで次の一歩を踏み出せる場所となるように―

当院は患者さんからのさまざまなお悩みに幅広くお応えいたしております。はっきりとした疾患名がつくような不調だけでなく、なんとなく続く体調の悪さにお悩みの方や、過去に満足のいく治療結果が得られずお困りになられているような方にもぜひ広くお越しいただければと思います。当院には西洋医学的な発想だけでなく、東洋医学的観点をも取り入れた複合的な診療を強みとする医師も在籍いたしております。患者さんにとって当院が少しでも心を軽く晴れやかにできる場所となれれば幸いです。

地域に根差した医療の情報窓口としてもぜひご活用ください

時代とともに医療はめざましい進化を遂げる一方、SNSなどを中心に真偽不明の誤った情報が多く見受けられます。特に小さなお子さんをお持ちの親御さんやご高齢の方などは、病気や健康について正確な情報を知っておく必要があります。当院では医療に関する最新情報はもちろんのこと、地域で流行している病気等の情報もいち早く収集・発信いたしております。地域の頼れる身近な相談窓口としてもぜひ当院をご活用いただければと思います。

「ここに来てよかった」と心から言っていただけるクリニックを目指して、スタッフ一同、これからも地域の皆さんのためにできることをひとつひとつ丁寧に見つけてまいります。
どうぞお気軽にご相談ください。

院長 朝日 良一

主な経歴

院長 朝日 良一

  • 昭和54年日本医科大学卒業
    医学博士
  • 元埼玉医大放射線科講師
  • 前医療法人江友会江北クリニック院長

足立区江北で30年以上、実地診療をやってまいりました

朝日 公一

  • 平成18年新潟大学卒業
    その後、順天堂大学にて放射線科専門医と博士号を取得
    プライマリケア連合学会指導医 内科認定医 抗加齢専門医 核医学専門医
    日本スポーツ協会のスポーツドクターなども兼任
  • 平成28年獨協医科大学埼玉医療センター(旧越谷病院)の総合診療科の立ち上げに携わり、現在では講師として勤務
    近年では東洋医学についても精通(師匠:初代富山医科薬科大学助教授土佐寛順) 
    豊富な現場経験を持つ
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME